FC2ブログ

プチリッチを目指す、外資系大家の不動産投資

悪戦苦闘しながら新米アパート大家として不動産投資を楽しむ外資系半導体メーカー技術者の毎日を綴っています。夢は早期リタイアかな?

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

ウッチー

Author:ウッチー
東京都在住

外資系半導体関連会社でエンジニアをしながら、不動産投資を楽しんでおります。
これまで都内とその周辺で区分所有物件に投資していましたが、このたび、初めてアパート一棟買いをしたのを機に、ブログを開設しました。

アパート大家はまだ始めたばかりで、日々試行錯誤の経営です。

石原博光氏の著書「まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意」を読んで、区分からアパートへ転向することに。アパート経営に必要な知識は、ほぼこの本から学びました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入居率とその要因の検証1

購入した桐生の物件、5月13日の記事でも書きましたが、
幸いにして満室にしていただきました。
ここで今日はその要因を検証してみたいと思います。

そのまえに、購入時の物件の概要をお伝えしときます。

1. 〇〇〇桐生というシリーズのうちの1棟で、バブル最盛期に分譲されました。
2. 同シリーズの5棟のうち、多くても4室中2室、多くの物件は1室のみの入居。
3. 駐車場は部屋数分備えている棟もあれば、私の物件のように1台分しかない棟も。
4. 募集している部屋の家賃を見ると、2.7-2.9万円の設定。
5. 競合物件は、2.4-2.5万円程度の家賃設定。

昨日の投稿にも書きましたが、引き渡しが契約通り履行されないゴタゴタがありましたが、
内装・外装の工事と、入居募集の開始を速やかに始められるようにすることを条件にしたので、
予定より早く2月下旬に工事も募集も始めることができました。
繁忙期に間に合った~ッ

お陰さまで、最初のお客さんは募集開始後数日で決めていただきましたが、
正直これは、たまたま運が良かっただけだと思います。

他の棟の家賃設定と入居状況、競合物件の家賃設定を考慮して、
検討の結果、2.3万円(賃料2.2・共益費0.1)の家賃でスタートしました。
こんなに安くしちゃって大丈夫かぁ??って感じですが、
2.3万円までやっていけるという目論見で物件を購入したのが強みでした。

かくして、募集を開始しましたが、次のお客さんがなかなか決まりません。
他に何かやるべきことは無いのだろうか?
当時は常に考えていたような気がします。

今夜はここまでということで、
次に投じた作戦については、また後日書かせていただきます。






スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tommybrue.blog.fc2.com/tb.php/7-8d405883

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。