FC2ブログ

プチリッチを目指す、外資系大家の不動産投資

悪戦苦闘しながら新米アパート大家として不動産投資を楽しむ外資系半導体メーカー技術者の毎日を綴っています。夢は早期リタイアかな?

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

ウッチー

Author:ウッチー
東京都在住

外資系半導体関連会社でエンジニアをしながら、不動産投資を楽しんでおります。
これまで都内とその周辺で区分所有物件に投資していましたが、このたび、初めてアパート一棟買いをしたのを機に、ブログを開設しました。

アパート大家はまだ始めたばかりで、日々試行錯誤の経営です。

石原博光氏の著書「まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意」を読んで、区分からアパートへ転向することに。アパート経営に必要な知識は、ほぼこの本から学びました。

2100年の東京の人口

熱中症らしき症状で、昨日は完全にヘバッテました(>_<)
休養十分で、お陰さまで本日は復活しました。

つい先日のニュースで、
2100年に東京の人口がおよそ半分に減少するという、少々ショッキング~な記事が、
人口減をテーマにした書籍とともに紹介されていました。



もちろんこれは推計で、本当に半減するかは分かりません。
しかし、我々不動産賃貸業に従事する者にとっては、
少なくとも Good News ではありまあせんね。

記事によると、2020年の1335万人をピークに、東京の人口は減少に転じ、
2070年に1000万人割れ、2100年には713万人にまで減少するということです。
2010年の実績(1316万人)から実に46%の減少です。

労働力人口にいたっては50年後に半減、
社会保障は一人が一人のお年寄りを支える、「肩車型」に!という試算があるそうです。

↓よろしかったら、ひとつ応援のポチっと順位の確認お願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

我々にとっては、これからは正に戦国時代のような時代になるんだなぁ~
なんて、のんきな事を書いておりますが、他人事ではありません。
今のうちに、何らかの対策を考えておく必要がありそうです。

東京の人口が半減するということは、地方の人口減少はもっと深刻なはず。
地方の賃貸物件はますます供給過多になることが予想されます。

私も含めて、地方で勝負している大家さんにとっては、
これから厳しい環境になっていくことが予想されるわけです。

しかしながら、人口減の影響が顕著に現れはじめるまで、もう少し時間がありそうです。
遠からぬ未来の状況が分かっている今、対策を講じる余地があるということは、
そうした厳しい状況を勝ち抜くチャンスが、

「相応の努力をした大家さんにとっては残されているんだ!」

と解釈することもできそうです。

熊本サラリーマン大家さんの必殺技、選べるクロスのような物件の差別化ができる技を、
そうした状況が来る前に身に付けるべく、自分も頑張るぞ!

↓いつも応援ありがとうございます♪

人気ブログランキングへ


不動産投資<br />の収益物件



スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://tommybrue.blog.fc2.com/tb.php/65-f0b6284d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |