FC2ブログ

プチリッチを目指す、外資系大家の不動産投資

悪戦苦闘しながら新米アパート大家として不動産投資を楽しむ外資系半導体メーカー技術者の毎日を綴っています。夢は早期リタイアかな?

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

ウッチー

Author:ウッチー
東京都在住

外資系半導体関連会社でエンジニアをしながら、不動産投資を楽しんでおります。
これまで都内とその周辺で区分所有物件に投資していましたが、このたび、初めてアパート一棟買いをしたのを機に、ブログを開設しました。

アパート大家はまだ始めたばかりで、日々試行錯誤の経営です。

石原博光氏の著書「まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意」を読んで、区分からアパートへ転向することに。アパート経営に必要な知識は、ほぼこの本から学びました。

即決を迫られた時の対応

今日も応援のほど、よろしくお願いします↓

人気ブログランキングへ

週末に管理会社さんから連絡が入り、
蛇口からの水の滴り・・・の問題は、部品の交換のみで直るということ。

あ~、良かった~♪

と思う反面、

何だ!蛇口全とっかえって言ってたジャン!話が違うじゃん!
2ヶ月前の入居の際に、パッキンは交換したということですので、
他の部品がヘタってたのでしょうか。

何はともあれ、費用が抑えられたことは良かったです。
部品交換といった軽微な修理であれば、本来自分でやりたいところですが、
なんせ、自宅から遠いので、軽微な修理であっても、アウトソーシングするしかありません。。。

築古物件はこの手の軽微な修理が頻繁に必要になるということで、
買い増しの際は、自宅と物件の距離も判断材料に入れる必要がありそうです。

必殺大家人さんの昨日の記事にもありましたが、
業者に頼むと8000円掛かるところ、自分で直せば200円。
これは大きいですよね。

パッキンなどの部品も、いまは簡単に、
しかもこんなに安く、楽天・アマゾンなどのネットショッピングで手に入ります。
気になものは検索 →→→ です。




多くの物件を管理している自主大家さんは、物件の部品の型番を調べて、
ストックしとくのも一つの手ですね。

小さな部品はもちろんのことですが、換気扇や給湯器など大きなものも、
自分の物件のものの品番や型番を控えておくと、いざという時に役に立ちます。

これは、自らが大家でもある、リフォーム業者の工藤一善氏の著書、

「勝ち組大家さんの高収益アパマン経営マニュアル
~原状回復工事業者が初めて明かす儲かるサポート業者の選び方」

を読んで学んだことです。

立て続けに給湯器が故障した際、1代目の故障の際、型番を控えておいたおかげで、
2台目以降の故障にはスムーズに対応することができ、
給湯器自体はもちろん、工事も取引業者に頼むことができて、
費用を抑えることに成功しました。



それにしても、必殺大家人さん、あらゆる種類のパッキンを常備しているなんて驚きです。

話は戻って、電話口で、仲介業者のYさん、

「いま、業者が現場にいるのですが、いかがしましょう?
 思っていたより簡単に直るので、その場で修理することもできるんですがぁ・・・」


と、管理会社は簡単に私の意見を求めてきますが、こちらにも事情があります。
蛇口の交換じゃ、いつも工事をお願いしている内装業者さんにお願いしよう!
と、既に内装業者さんには連絡済でした。

こっちの都合も考えてくれよ~ と思いはしたものの、入居者さんのご都合もあります。
伺ってみると、当日は都合が良くその日にお願いしたい・・・ ということでしたので、

「点検 → 即修理」

という形を取りました。

申し訳ないなぁ・・・と思いながら、取引のある業者さんに事情を説明したところ、
事情を理解していただけたので、一安心です♪

大家業をしていると、チョクチョクこういった即決を迫られる場面に遭遇します。
そんな時は、

「私が入居者だったらどうして欲しいか?」

を考えるよう心がけています。
目先の利益より、長く入居していただくことが、ゆくゆくは利益につながるような気がしません?

更新の際にお客さんからのフィードバックとして、継続か解約(転居)かの判断が下されるわけですが、
結果や如何に?

今日も応援のほど、よろしくお願いします↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



 | ホーム |