プチリッチを目指す、外資系大家の不動産投資

悪戦苦闘しながら新米アパート大家として不動産投資を楽しむ外資系半導体メーカー技術者の毎日を綴っています。夢は早期リタイアかな?

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

ウッチー

Author:ウッチー
東京都在住

外資系半導体関連会社でエンジニアをしながら、不動産投資を楽しんでおります。
これまで都内とその周辺で区分所有物件に投資していましたが、このたび、初めてアパート一棟買いをしたのを機に、ブログを開設しました。

アパート大家はまだ始めたばかりで、日々試行錯誤の経営です。

石原博光氏の著書「まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意」を読んで、区分からアパートへ転向することに。アパート経営に必要な知識は、ほぼこの本から学びました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電見積結果

ある業者さんから太陽光発電パネル設置費用の見積もりが届きました。
ただし、ドーマを撤去することが前提(撤去費用30万円)ですが。

おすすめは、Qセルズのパネル。
ドイツの太陽光発電設備メーカーとのこと、
お恥ずかしながら、私はこの会社を知りませんでした。

山家公雄氏著のソーラーウォーズによるとシャープがQセルズに首位を奪われたという経緯があるそうだ。

【送料無料】ソ-ラ-...

【送料無料】ソ-ラ-...
価格:1,995円(税込、送料別)



製品保証10年、出力保障25年、自然災害補償10年間無償付きで、
設置費用込み127.9万円(3.12kW)

一方の年間売電金額の見積りは163800円。

1.総投資金額157.9万円
2.国と自治体からの補助金258960円
3.売電による年間の売上げが163800円
4.利回り12.4%


上記のデータを基に考えると、約8年で投下資金を回収できることになり、
10年の製品保証、25年の出力保障、
万が一自然災害で設備が破損しても、10年以内なら保証付き!
8年後以降利益を生むことは確実そうです。

ただ、懸念事項として、ドーマの撤去工事が必要なことです。

外装塗装の際に、購入前からこのアパートに7年間住んでくださっている方から、
ちょっとしたクレームを受けました。
シンナーの匂いがどうにかならないか!とのことでしたが、
事情を説明して、我慢していただいたという経緯があります。

それから、そう時間を置かずして、入居者にはメリットのない太陽光パネル設置のために、
屋根の工事をしたら、この入居者様はどう思うか?
もしかしたら、引っ越してしまわないか?
引っ越さないまでも、次の更新の機会に引っ越しを考えるのではないか?

入居者様のことを考えると、このタイミングで太陽光パネルを設置するのは得策ではないな!
という考えに、傾倒しています。

今回学んだことを糧に、次の経営に生かせれば、
それはそれで無駄ではなかったんですよね。

ということで、この度に太陽光パネルの設置は、諦めようと思います。

ちなみに、相見積をとった他の業者さんは、
ドーマがあるから無理ですねぇー といった感じで、
アッサリと断ってきました。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

太陽光発電設置の屋根、いや壁

太陽光パネル設置業者からの電話で、致命的な問題に気が付いた。
私のアパートの屋根にはドーマ(飾り窓のようなもの)が付いているのです。

飾り窓といっても、下着姿のお姉さんが入っているわけではありません
(アムステルダムの飾り窓はこんな感じです)
本当にタダの飾りなんですよ。

電話口で担当の女性が、

ドーマがあるので、屋根の面積いっぱいパネルを乗せることは、難しいですねー♪
これは言葉どおり難しいととらず、無理と解釈してください!と遠まわしに言っているようなものだった。
2kW用のパネルくらいしか乗りませんかねぇ♪
2kW用だと設置しても売電で得られる利益が少なく、投資効果が薄くなってしまいますが、
どうしましょう?

電話中、終始楽しそう♪
こちらのショックはつゆ知らず。

こうなると、飾り窓は単なる邪魔者。
取り外すこともできず、これは太陽光発電は見送りかなぁ。
それとも、代わりに母が所有するアパートに設置を検討して見ようか。

太陽光パネルの設置は見送るとしても、
まぁ、2kW用でも見積もりを出してくれるようなら、値段だけでも聞いてみるか、
といった感じで、いきなり暗礁に乗り上げてしまいました。

ドーマが付いている物件は選ばない!
少なくとも、次にアパートを購入する際の教訓にはなったので、ここに書き留めておくことにします。

あーぁ、残念、気持ちは盛り上がってただけに。


人気ブログランキングへ

太陽光発での見積依頼完了

昼休みに太陽光発電(共用連携タイプ)の見積依頼を、
価格ドットコムの太陽光発電比較でお願いしてみました。

発電量と売電収入を調べてみると、
1kW用のパネルで、年間約1200kW程度の発電を期待できるよるようです。
電力の買い取り価格は平成24年の買い取り価格は42円/kWですので、
年間50400円の売電収入が期待できます。
仮に5kWのパネルを設置したとすると、年間収入の期待値は25.2万円となり、
20%の利回りを得るとすると、設置費用を126万円以内に抑える必要があるのか~
と、考えてみると、それはチョット難しいかな。

一方、DMM.comソーラーの販売プランの見積もお願いしてみました。
業界最安値28万円/kWからを唱っていますが「から」が曲者なんですよね。
ホントに28万円ってあり得るの?

DMM.comソーラーのサイトに掲載されている設置例を見ると、

 1.パネル代金+設置費用165万円
 2.自治体からの補助金17万円

実質負担額は148万円とのことで、これなら利回り20%達成も無理ではないんですが、
ホントにそんなに安いの?と、まだ半信半疑です。
なのでDMM.comソーラーからの連絡を楽しみに待ってます。

太陽光発電に関連してもう一つ、Yahooニュースからの引用です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120529-00000003-fsi-bus_all

共用部に太陽光発電設備を設置して、それを入居者に還元するという試みを取り入れたマンション。
入居者の電気料金が10%程度安くなるほか、管理組合の財政も潤い、まさに一石二鳥で素晴らしい


人気ブログランキングへ

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。